メニュー

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、どんな制度なのか解説しています

使い道と実績

ふるさと納税でお寄せ頂いた寄附金の使い道と実績

手続きの流れ

本サイトでの寄附のお手続きについて解説しています

ポイント制度

寄附の御礼品に変えられる木曽町ポイントについて解説しています

特典のご紹介

木曽町より寄附の御礼品としてご用意した品物をご紹介します

お知らせ

暑さで疲れた身体に木曽の恵みはいかがですか?

遅い梅雨明けをを迎えて早数週間、やはり日本の夏は年々過酷さを増しているように思います。
暑さで食欲の落ちた身体に、木曽の伝統的保存食「すんき」とお蕎麦はいかがでしょうか。

赤カブの葉を乳酸菌発酵させて作られる「すんき」は、世界的にも珍しい塩を使わない漬物です。
本来は冬から春先までの貴重な保存野菜ですが、近年は生産が安定してきて夏まで在庫がもつようになってきました。
名産の蕎麦と一緒に食べると、程よい酸味が出汁と合わさって食欲が落ちた身体でも自然と箸が進みます。

また、木曽町の高原地域では夏でも涼しい気候を利用して様々な野菜が育てられています。

冬の野菜として有名なはくさいもその一つで、ふるさと納税には木曽のブランド野菜「御嶽はくさい」が並ぶ季節になりました。朝晩の冷え込みで身がしまり、夏の陽射しをたっぷり受けて育ったはくさいをぜひお召し上がりください。

毎年ご好評いただいている開田高原のとうもろこしですが、遅い梅雨明けの影響もあり生育が遅れているとの情報が入っています。今年の取扱いが決まるまで今しばらくお待ちいただければと思います。